@三方ヶ原の戦い
元亀3年10月ついに武田信玄が織田信長と雌雄を決するために出陣した。それに先立って山縣昌景を奥三河へ秋山信友を美濃へ向かわせ信長・家康の動きを封じた。
A武田領侵攻―【天目山の戦い】

木曽福島城主木曽義昌が信長に寝返ったのをきっかけに織田・徳川・北条による武田攻めが開始された。勝頼は重臣小山田信茂を頼って岩殿山城へ向かうが裏切りに合い、田野で一族共々自刃、ここに甲斐武田家嫡流は滅んだ。
B信長東国視察
最大の敵武田家が滅んで信長は天下統一が目前になったことを実感した。残る毛利攻めを前に信長は一時の休息を楽しむために甲斐を後にした。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO