朝倉義景自刃

群馬県
山梨県
長野県
富山県
石川県
福井県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
奈良県
大阪府
和歌山県
兵庫県
岡山県
鳥取県
下天夢紀行TOP
経過
天正元年(1573)8月12日朝倉軍の篭る大嶽城丁野城織田軍によって陥落するのを田神山①の本陣で見ていた朝倉義景は最早浅井長政の命運は尽きたと判断、13日未明撤退を開始した。これを予想していた織田信長は先頭に立って朝倉軍を追撃。家臣たちが信長に追いつけたのは地蔵山②であった。義景撤退に伴い国吉城を包囲していた越前軍越前へ引き上げを開始した。
2万の朝倉軍のうち義景の本隊は刀根坂③を越えて疋壇城④ヘ向かうと読んだ信長は主力をそこへ向けた。信長の予測どおり、大将義景を逃すために名立たる武将が織田軍の前に立ちはだかったが、あっという間に蹴散らされ越前軍3千が命を落とした。この間に義景府中から朝倉街道⑤を駆け抜け、15日無事一乗谷⑥へ辿り着いた。しかしのんびりしている暇はなく16日には朝倉景鏡のすすめで景鏡の本拠大野⑦に向け美濃街道⑧を駆けていた。
疋壇城を落とした信長14日~16日まで敦賀で過ごすと17日木の芽峠⑨を越えて18日龍門寺⑩に着陣した。この日柴田勝家を大将とする織田軍先陣は無人の一乗谷城下町に火を放ち、朝倉氏が築き上げた栄華の町は滅んだ。
大野東雲寺⑪に身を隠す義景は最後の望みを平泉寺⑫に託した。黄金と絵画を添えた書状が平泉寺に届けられたが合議の結果、平泉寺信長に味方することに決した。これも18日の事である。
こうして完全に孤立無援となった義景景鏡は本陣に近い六坊賢松寺⑬へ移るよう伝えた。19日夕刻義景は母広徳院、室小少将、愛息愛王丸に側近を連れて賢松寺に入った。20日早朝織田方に寝返った景鏡軍に包囲された義景たちは自刃した。義景の首は24日景鏡により龍門寺信長のもとへもたらされ、広徳院小少将愛王丸南条郡帰の里⑭で処刑された。
25日信長浅井長政を討つために小谷城へ向け出発した。
湖北蹂躙へ 大嶽城落城へ 小谷城落城へ
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO