姉川の戦い

-前哨戦-
群馬県
山梨県
長野県
富山県
石川県
福井県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
奈良県
大阪府
和歌山県
兵庫県
岡山県
鳥取県
下天夢紀行TOP
経過
元亀元年(1570)4月朝倉義景を攻めるために越前へ向かった織田信長軍の背後を突くために挙兵した浅井長政だったが織田軍はほぼ無傷のまま京都へ退却できた。次に長政美濃への帰国ルートを遮断したが信長千種越え伊勢から美濃へ戻った。信長が無事帰国した事で長政はもはや信長との決戦を避けられないと覚悟した。そこで美濃との国境に巨大な勢力をもつ堀秀村に持ち城の長比城①苅安尾城②鎌刃城③を改修・強化するよう要請した。これに対し信長木下秀吉秀村のもとへ向かわせ、寝返らせる事に成功した。
6月19日信長は2万3千の大軍を率いて美濃を出発、長比城苅安尾城を包囲した。浅井朝倉から派遣されていた城兵は徹底抗戦の構えを見せたが城主秀村が予てからの約束通り開城したため、城から退却して行った。長比城で2日間過ごした信長21日小谷城下へ向かった。はじめて小谷城を見た信長はその堅牢さに攻城戦を諦めて、野戦で決着をつけようと考えた。まず小谷山に近い雲雀山虎御前山④に兵を配置して小谷城下に火を放ち、長政を挑発した。しかし長政は動かなかった。
仕方なく22日信長はわざと敵に後ろを見せるように全軍を八島・尊野⑤へ向かわせた。これを見た長政虎御前山を奪回し織田軍に追撃を掛けた。しかし浅井軍の追撃に備えていた織田殿軍は浅井軍の撃退に成功した⑥。また浅井軍はそれ以上の追撃を仕掛けなかった。
一連の挑発行動に乗ってこない長政23日信長八島の本陣を引き払い姉川⑦を渡った。
野村・三田村合戦へ行く
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO