東美濃の戦い
岩村城奪還
経過
天正3年(1575)5月21日設楽原武田勝頼に勝利した織田信長勝頼が再出馬できないうちに東美濃武田勢を駆逐するため、25日嫡男織田信忠岩村城へ派遣した。森長可・池田恒興・河尻秀隆毛利長秀(秀頼)・塚本小大膳安頼・肥田玄蕃・浅野左近美濃衆ほぼ全軍3万が6月13日には岩村城を包囲した@11月10日になり水晶山Aにある織田方の砦に武田軍が夜襲を掛けて来たが撃退、これが岩村城落城のきっかけとなった。岩村城秋山虎繁は降参したが信忠は許さず、叔母である虎繁夫人お艶を含む岩村城に居た人間をことごとく成敗していったB。これにより東美濃から武田勢は撤退、ようやく信長の支配地となった。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO