東美濃の戦い
―岩村城落城―
経過
東美濃恵那弘治元年(1555)以来武田信玄に従っていた。ところが元亀3年(1572)5月苗木城主@苗木直廉8月岩村城A遠山景任が急死してしまい、それに乗じた織田信長両城を実質手に入れることに成功した。そしてこの年の10月3日武田信玄足利義昭本願寺顕如朝倉義景浅井長政らに呼応して徳川家康・信長領へ出陣した。信玄遠江を目指し別働隊として秋山虎繁(信友)伊那から岩村城へ向かった。この時信長は四面楚歌の状態にあり岩村城へ援軍を派遣できず11月14日岩村城秋山軍に占拠されることになった。この軍事行動で岩村城大手門に位置した大円寺Bが焼かれ希菴禅師が殺害された。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO