@岩屋城
天王寺の戦いの後、織田軍に包囲された本願寺に兵糧・弾薬を運び込むため毛利水軍が安芸を出発、7月12日に淡路・岩屋城を出て貝塚沖で雑賀衆と合流した。岩屋城は毛利氏が本願寺に物資を運ぶのに確保しなければならない拠点であったため織田軍との争奪戦が繰り広げられた。このとき岩屋城を守っていたのは雑賀孫一が率いる鉄砲衆5百人で海上は毛利水軍が警護していた。第一次木津川海戦後毛利輝元の直属水軍河ノ内衆を束ねる児玉就英が岩屋城を守った。その後岩屋城内で菅平右衛門・新右衛門父子が自分を暗殺しようとしているという怪情報を入手、密かに安芸に戻り輝元に報告した。これを受けて香川広景と冷泉民部大輔が岩屋城に向かったが全くのガセネタで二人が代わって城を守った。菅氏とは淡路の豪族で三原郡野口村(現・善光寺野口)を本拠にしていたが志知城に本拠を移した一族と分裂、残ったほうは野口家、出て行ったほうは志知家を名乗った。その後三好長慶の弟冬長を養子に迎え、同じく長慶の弟冬康(冬長の兄)を養子に迎えた安宅氏とともに淡路に強力な海軍を作った。三好氏の後押しもあって野口家は志知城を手に入れることが出来たが、それを快く思わない志知家の人々は岩屋へ行きもとの菅氏を名乗った。
 
A木津川―大阪市西区から大正区【MAP】
信長は淡路の安宅冬康らに命じて本願寺にとって唯一の兵糧補給路である木津川を封鎖させた。乃美(浦)宗勝が総司令官で能島・来島村上、児玉太夫(就英?)、粟屋元如、香川広景、、井上春忠らが率いる毛利水軍はこれを突破しようと木津川口に接近した。これに対して真鍋七五三兵衛・沼野伝内・沼野伊賀・沼野大隅守・宮崎鎌大夫・宮崎鹿目介・尼崎小畑・花隈野口らが3百艘の警固船で援護に向かった。毛利方は6百艘の兵糧船に3百艘の警固船、封鎖する織田軍は井楼を構えた大船十艘を中心に二百数十層の小船が両翼を固めた。矢、鉄砲で攻撃する織田軍に毛利水軍は「ほうろく火矢」を打ち込んだ。今で言う火炎瓶のようなものでガソリンの代わりに容器に火薬をつめて火をつけて着弾すると爆発炎上するものである。数で上回る織田水軍だったが被弾した船は燃え上がり、真鍋・沼野・宮崎・野口らは船とともに大阪湾に沈んだ。壊滅した織田軍を尻目に毛利軍は意気揚々と本願寺へ向かった。
大阪市内を流れる川はすべて木津川に流れ込んでいる。つまり木津川に入れば大阪市内ならどこへでもいけるということである。そのため木津川口には港が発展していて江戸時代には幕府が港湾工事を行っている。
【探策のヒント】木津川口の写真を撮るのに新木津大橋はお勧めです。住之江区側の橋の下に多少駐車スペースがあるのでそこで車を停めて写真を撮りに行きました。自転車でも渡れます。私は歩いていきました。最高部までは約15分、がんばってください。
【駐車場】なし【最寄のバス停】大阪市バス15系統「柴谷二」
 
B穢田崎砦―大阪市西区千代崎1丁目【MAP】
一揆勢が籠った砦のあった寺島は木津川と尻無川に挟まれた南北約千三百メートル、幅二、三百メートルの中州である。今では木津川も尻無川も姿を変えているので当時の様子はわからない。江戸時代寺島の北端に樹齢3百年の松が植わっていて松ヶ鼻と呼ばれていた。別名蛭子松とも呼ばれ摂津の名所であった。外国人居留地が川口に出来ると明治2年この付近に公認の遊郭ができ、松島廊と呼ばれた。松島は「寺島」の「松」が由来といわれる。
【探策のヒント】松島公園が「松島廓」の推定地です。ここから南へ行くと九条で南浦と呼ばれる砂州でした。江戸時代、其処の水理工事をしたことと日朝親善のために尽力したことを記す「九条島と朝鮮通信使」の碑がグラウンドではない公園のほうにたっています。大して見るところもないので路駐でいいかも知れません。
【駐車場】Times千代崎第2 【最寄のバス停】大阪市バス84・91A系統「松島公園前」
 
@A
C住吉浜―大阪市住之江区粉浜
木津砦から毛利軍を援護するために一揆勢が住吉浜に向けて出撃した。これに対し佐久間信盛が天王寺砦からでて浜近くの城で戦いになった。数時間の戦いになったが毛利水軍が織田水軍を撃破すると信盛は引き上げていった。安土に居た信長は指揮を執るため準備をしていたがこの敗戦の知らせが届けられると住吉浜の砦の定番を安田久六・塩井因幡守・伊知地文大夫・宮崎二郎七に命じた。
【散策のヒント】昔は国道26号線付近まで海が迫っており現在住吉公園からまっすぐ住吉大社まで向かっている道が参道で潮掛道Aと呼ばれていました。住吉浜には鎌倉時代に日本で始めて灯台@が作られました。高波による倒壊やその後の道路工事などで現在地に移されましたがもとは西へ2百b行ったところにありました。住吉公園はさほど広くはないのですが池や遊歩道が整備されてジョギングや散歩する人が絶えません。
灯台:【MAP】 住吉公園:【MAP】
【駐車場】住吉大社駐車場 【最寄の駅】南海電車「住吉大社」・阪堺線「住吉公園」
 
D尼崎―兵庫県尼崎市
 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO