第二次長島攻め
経過
天正元年(1573)8月長年の宿敵朝倉義景浅井長政を滅ぼした織田信長は休む間もなく織田軍主力に伊勢長島を再度攻めることを命じた。前回信長長島攻めに失敗した後、長島に近い国人達が一揆側についたのを放置できないからであった。また信長は一揆勢を孤立させるため海上封鎖しようと次男織田信雄伊勢大湊@で船の徴用も命じていた。
9月24日岐阜を出た信長大垣城を経て25日太田城Aに陣を張った。信長の動きに合わせて26日佐久間信盛羽柴秀吉丹羽長秀蜂屋頼隆らは近江衆を率いて一揆勢が立て篭もる西別所城Bを攻撃、陥落させた。柴田勝家滝川一益片岡掃部坂井城Cを落城させ、さらに10月6日北廻城D近藤氏を降した。
10月8日になって信長東別所Eへ本陣を移した。萱生城F伊坂城G春日部氏赤堀城H赤堀氏桑部南城I大儀原氏千種城J千草氏長深城K冨永氏および田辺九郎次郎中島勘解由左衛門のように信長に人質を差し出して恭順の意を表す者がいる一方、白山城L中村将監のようにを最後まで抵抗する者もいた。
誤算は大湊で海上封鎖に必要な船を十分に集められなかったことだった。対峙が長引くのを嫌った
信長長島攻めを断念、矢田城M滝川一益を入れ25日大垣城へ引き上げることにした。撤退ルートは前回勝家が襲われたのと同じものだった。それを知った一揆勢は多芸山Nに先回りして織田軍に攻撃を仕掛けた。折り悪く大雨の中の撤退だったため自慢の鉄砲隊も機能せず、隘路のため逃げ道もなく白兵戦で血路を切り開くしかなかった。混乱しながらも退く織田軍の殿軍は林秀貞の息子新次郎であった。林隊の奮戦のおかげで本隊は何とか大垣城へ戻れたが新次郎共々林隊は全滅してしまった。
第一次長島攻め 第三次長島攻め
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO