第三次長島攻め
経過
天正2年正月年賀を祝うために岐阜城に集まった家臣に織田信長前年討ち取った朝倉義景浅井久政浅井長政の首を箔濃にして披露し、積年の恨みを晴らせたことを祝った。しかしこの年手に入れた越前が一向一揆に、東美濃の拠点岩村城武田勝頼に奪われてしまい、信長を取り巻く状況が改善されることは無かった。そんな中、信長は足元の安定を図るため、また弟や多くの家臣を失った恨みを晴らすべく三度目の長島攻めを敢行した。
7月13日信長北近江経営に乗り出したばかりの羽柴秀吉河内・摂津の動きに備え鳥羽で布陣する明智光秀岩村城を奪った武田勢に備える池田恒興・河尻秀隆を除く織田軍の主力7万を津島に集結させた。たかだか坊主や農民、浪人らの寄せ集めと侮った結果、2度にわたって手痛い敗北を喫した信長は手抜かりの無いよう十分な準備をした。
14日織田軍が動き始めた。まず東側、市江島@方面から織田信忠2万が進軍、敵を蹴散らす。信長本隊3万早尾口から南下、途中にある一揆勢の拠点を攻略して五明Aに至った。これに合わせ柴田勝家佐久間信盛隊2万は長島の西、香取口Bから侵攻し長島への一番乗りを果たしたC
過去2度の敗北を教訓に信長が最も力を入れたのが織田水軍による海上封鎖であった。前回大湊の船主の協力が得られず失敗した海上封鎖を今回は九鬼嘉隆滝川一益さらに北畠信雄の水軍に加え、林秀貞島田秀満率いる尾張の船団で行おうとした。15日予定通り長島の南に織田の大船団が姿をあらわした。船からの砲撃と兵の上陸により一揆勢は砦Dを捨て長島へ逃げ出した。一揆勢が大鳥居E長島F・屋長島G中江H篠橋Iに立て篭もると信長は後備えの織田信忠殿名Jの伊藤屋敷に移動すると一揆勢を包囲するため自ら馬に乗り各部隊の配置を指示し後世に残る一向宗徒の掃討作戦が開始された。
8月2日大鳥居砦が落城、それを見て12日篠橋砦の一揆勢が長島城へ退きたいと求めたきた。信長はこれを許した。織田軍による包囲が2ヶ月半続くと長島屋長島中江の兵糧は底を尽いた。9月29日ついに長島城の一揆勢が降伏開城を申し出た。信長はこれに応じると見せかけ油断した一揆勢を皆殺しにした。そして残る屋長島中江の砦を柵で囲み火を放った。逃げ場の無い一揆勢は全て焼き殺されたK。その数2万人といわれる。これを見届けた信長は岐阜へ引き上げた。
第一次長島攻め 第二次長島攻め
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO