長良川の戦い
経過
弘治元(1555)年11月22日美濃国主斎藤義竜斎藤道三の子供孫四郎喜平次とを@稲葉山城に呼び出して殺害した。これに怒った道三A大桑城へ向かい義竜に対して挙兵した。5ヶ月の睨み合いの末弘治2年4月18日道三は本陣をB鷺山城へ移した。この動きに対して義竜20日軍を長良川に配置した。道三鷺山から長良川河畔に布陣した。やがて川を渡って義竜軍の攻撃が始まった。兵力の劣る道三軍だったが懸命に迎え撃った。この戦いを清須城で知った織田信長道三を救援すべく清須城を出発してC大浦に布陣した。丁度その頃道三はかつて家臣だった小牧源太D討取られていた
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO