野田・福島の戦い
経過
元亀元年(1570)6月18日@摂津池田城でクーデターがあり、城主池田勝正が追放されてしまった。背後には本圀寺の変で阿波に逃れていた三好三人衆の動きがあった。織田信長の目が江北へ向いている隙を衝いてのことだった。そして姉川の戦いの後、信長が岐阜へ戻っている7月21日三好三人衆が1万3千の軍勢で和泉に上陸、A天満ノ森に陣取った。これに呼応して池田城の兵がB伊丹城を攻めた。三好勢に加勢する安宅衆7月29日兵庫から上陸し8月9日尼崎まで進んできた。三好勢C野田砦D福島砦を築いて畿内制圧の拠点とした。
8月17日三好長逸三好義継E古橋城を攻め、落城させた。信長がようやく腰を上げたのが8月20日だった。岐阜を出て横山城長光寺城本能寺と泊まって24日京を出発した。25日F枚方順興寺に入り翌日G天王寺に本陣を移した。織田軍は天満ノ森H渡辺I神崎J川口・難波に展開した。
9月3日信長の再三の要請に応じた義昭K中島城に入ると、織田軍の動きが活発になった。8日松永久秀三好義継L海老江に陣を張り、川口M楼の岸に砦が築かれた。その間、義昭に協力する和泉紀伊衆根来衆が続々と集まり、N住吉O遠里小野に軍を集結してその数は2万にも及んだ。同日、信長は本陣を天満ノ森に移してさらに野田砦福島砦を圧迫した。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO