村木砦の戦い
経過
織田信秀の死去にともなう織田家の内紛に乗じて今川義元は知多半島に@村木砦を築いて尾張侵攻の橋頭堡にした。このためすぐ南にある織田方のA緒川城B寺本城C藪城D重原城の囲まれ孤立してしまった。緒川城主水野信元(金吾)織田信長に救援を求めた。
天文23年(1554)1月20日岳父斉藤道三が派遣してくれた安藤守就の率いる1千が那古野城の留守居に到着すると21日E熱田湊に全軍を集結させ、翌22日暴風の中、伊勢湾を通って知多半島の馬走瀬に上陸、F木田城で一晩過ごし23日緒川城へ到着した。
24日夜明けとともにG村木砦へ攻撃を開始し、夕方4時ごろ砦を陥落させた。翌25日には那古野城へ戻る前に寺本城藪城へ攻撃を加えている。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO