長篠城の戦い
経過
天正3年(1575)4月21日武田勝頼は1万5千の兵を率いて青崩峠を越え東三河へ侵攻を開始した。前年の高天神城攻略で自信を得た勝頼浜松城岡崎城を分断すべく@吉田城を目指した。その途中にあるA長篠城包囲に1千の兵を残し、B二連木城牛久保城を落として5月7日吉田城を包囲した。大軍に包囲された吉田城徳川家康織田軍の援軍を信じ籠城策に出た。先の高天神城と違い国主家康が守る吉田城は容易には攻略できないと判断した勝頼は攻撃を中断、全軍で長篠城を攻めることにした。
医王寺Cに本陣を置いた勝頼5月11日から本格的な長篠城攻撃を開始、14日には長篠城D本丸と二の丸、野牛曲輪だけを残すのみとなった。この緊急事態に14日鳥居強右衛門E城を抜け出し、包囲する武田軍の警戒網を潜り抜け岡崎城家康のもとに救援要請に向かった。強右衛門が到着した岡崎城にはすでに3万の兵を率いた織田信長が到着していた。これを一刻も早く城兵に知らせたい強右衛門長篠城へ戻ろうとしたが武田軍に捕らえられ、16日E磔になった
設楽原の戦いへ進む
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO