設楽原の戦い
経過
武田勝頼軍に包囲された長篠城救援のため徳川家康は再三織田信長に援軍を要請した。天正3年5月13日ようやく信長は岐阜を出発、@熱田神宮で兵馬を休め、14日岡崎城に到着した。15日鳥居強右衛門によって長篠城がもはや落城寸前との報告を受け信長家康翌16日織田・徳川連合軍3万8千をもって出陣した。まず一旦は武田軍に落とされたA牛久保城を修復して警護の兵を置き、17日B野田城へ入った。18日早朝野田城を出た信長連吾川の西6キロにあるC極楽寺山に本陣を構え織田信忠織田信雄D付近に布陣した家康は連吾川に近いE弾正山に本陣を、嫡男岡崎(徳川)信康F松尾山に陣を張った。19日連合軍が布陣を終えたのを見た武田軍同日G医王寺にある勝頼本陣で軍議を開いた。20日勝頼長篠城の警戒に2千、豊川の南にあるH鳶ヶ巣山砦などに1千を配し自ら主力を率いて設楽原の東側、信玄原台地で織田徳川軍と対峙した。
21日未明夜を徹してI山中を進軍した酒井忠次金森長近の奇襲部隊3千は鳶ヶ巣山砦を占領した。午前6時ごろ山県昌景の攻撃からJ設楽原での戦闘が開始された武田軍の波状攻撃に織田・徳川軍は連吾川西、弾上山に築いた陣城に篭りこれを迎え撃った。無謀な突撃にほとんどの兵を失った武田軍に対し連合軍は総攻撃を開始した。午後2時頃のことである。午後3時頃には長篠城兵が鳶ヶ巣山砦を落とした奇襲部隊と一体になって城を囲んでいた武田軍を追い払った。K双方に多くの犠牲者を出したが屋台骨である忠臣をほとんど失った武田家の方はその影響が大きくこれ以後衰退していくことになる。
長篠城の戦いへ行く
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO