赤塚の戦い
経過
織田信秀が死ぬとひと月ほどで山口左馬助教継九郎次郎教吉今川義元へ寝返り、@自分の屋敷を城砦化し自領地内にA砦を築き今川勢を招きいれた。
天文21(1552)年4月17日織田信長山口父子を討つため兵八百をもって那古野城を出発、B鳴海城を目指した。C中根からD小鳴海を経てE三の山信長が布陣したのを見て鳴海城山口教吉が兵千五百を引きつれ出撃、三の山の東へ向かった。これを見た信長も東へ移動、両軍がF赤塚で激突した。
この山口父子のように信秀の死で家督を継いだ「うつけ」の信長に将来を託せないG土豪や家臣は離反していった。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO