信勝暗殺
経過
織田信秀の葬儀での織田信長の奇行に眉をひそめた織田家重臣林秀貞柴田勝家信長の弟織田信勝(信行)を当主に就けようとしているという噂が織田家中に駆け巡っていた弘治2年(1556)5月26日信長は突然那古野城林秀貞@のもとを訪れた。この時秀貞信長に危害を加えることはしなかったが二日後秀貞が反信長を表明するとA荒子城B米野城C大脇城がそれに従った。8月になると信勝信長の台所領篠木三郷Dを横領した。これに対し信長信勝陣営を分断するため、佐久間盛重名塚に砦Eを築かせた。だがが完成する直前の23日信勝の重臣柴田勝家林美作守が出陣して来た。翌24日信長も出陣。正午ごろ両軍は稲生が原Fで激突した。
この戦いに敗れ土田御前の取成しで助命された信勝だったが、打倒信長は諦めきれず岩倉城織田信賢と手を組んだ。1558年(永禄元)3月18日竜泉寺Gを城改修して、再び篠木三郷の横領を画策したが、これは腹心の勝家信長に通報したため成功しなかった。だがこの一件でついに信長は決断を下した。病により信長危篤という噂を信じた信勝は、11月2日信長の誘いに乗り清須城へ来た所を暗殺されたH
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO