桶狭間の戦い
<威風堂々―三河編―>
経過
永禄3(1560)年5月15日曳馬城を出た今川義元軍浜名湖今切の渡しを使う部隊とと本坂峠越えをする部隊に分かれて@吉田城を目指した。
15日夕方義元吉田城へ入り、それ以外の部隊はさらに東の赤坂で合流して陣を張った。
16日A岡崎城着。
17日B池鯉鮒城着。
18日C沓掛城に到着。ここで評定が開かれ、翌朝大高城を封鎖する丸根砦鷲津砦の攻撃が決まった。この任務を与えられたのが松平元康朝比奈泰朝であった。両者は夜陰に紛れて大高城へ入城を果たした。
19日午前8時頃、義元は威風堂々沓掛城を出発、大高城へ向かった。
前〈駿河遠江編〉へ戻る 次〈大高城兵糧入れ>へ進む
出陣 接近 決戦<田楽坪編> <田楽狭間編> 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO