甲斐武田討滅戦
―下伊那の戦い―
経過
天正10年(1582)2月1日苗木城遠山友忠織田信忠の元へ@木曽福島城木曽義昌織田方に寝返ることを決断したと伝えてきた。信忠はすぐ平野勘右衛門織田信長の下へ走らせた。翌2日義昌の寝返りを知った武田勝頼はこれを討つため新府城から出陣、A上原に布陣した。3日義昌から人質を受け取った信長は同盟する徳川家康北条氏政にそれぞれ駿河口関東口から甲斐へ討ち入ることを要請した。また自軍には飛騨口から金森長近伊那口から信長信忠が進軍することを伝えた。これを受け信忠その日のうちに尾張・美濃に兵の一部を森長可団忠正に預け木曽口岩村口へ出陣させた。
これに対し下條信氏B滝之澤城で迎撃しようとしたが、C吉岡城下條氏長河尻秀隆に内応してしまったので、6日城を捨てて逃亡した。12日信忠岐阜を出発しD土田高野を経て14日岩村城に到着した。この日武田方E松尾城小笠原信嶺の内応があった。森長可団忠正軍は妻籠からF木曽峠G梨子野峠を通り下伊那へ兵を進めた。これに呼応して小笠原信嶺H飯田城へ兵を出すと飯田城の城兵は逃げ去った。16日信忠岩村城からI平谷へ出て17日接収した飯田城に入った。飯田城の北にはJ大島城があった。ここには守将として勝頼の叔父武田逍遥軒信廉がいたが織田軍の快進撃や味方の離反を聞くと城を捨て上原へ退いた。信忠は無人になった大島城へ入り、陣を整えてから河尻秀隆毛利秀頼に後を託して高遠城へ向かった。
甲斐武田討滅戦 高遠城攻め―天目山の戦い―鳥居峠の戦い
信長東国視察編 
長野県山梨県―静岡県
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO