武田掃討戦

-天目山の戦い-
群馬県
山梨県
長野県
富山県
石川県
福井県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
奈良県
大阪府
和歌山県
兵庫県
岡山県
鳥取県
下天夢紀行TOP
経過
天正10年(1582)2月3日から始まった織田信長・徳川家康・北条氏政による武田攻めは、敵を防ぐべき城主の寝返りや降服・逃亡によって着実に進んだ。特に伊那方面を攻める織田信忠軍は大軍とあって武田勢は戦うことなく城を明渡す有様だった。木曽義昌の謀反を知って上原城へ出陣した武田勝頼の身を案じる正室北条夫人は、19日武田八幡宮①へ戦勝祈願に訪れた。しかし夫人の祈りは通じず、駿河で守る一族の穴山信君、家康に寝返って徳川軍を先導、甲斐に向かっていた。
28日勝頼高遠城の救援を諦め新府城②へ戻って来た2日後、高遠城は落城した。織田軍府中(甲府)へ雪崩込むのは時間の問題となった。勝頼小山田信茂助言に従い、その居城岩殿山城③で再起を図ることにした。これを受け従兄弟の武田信豊、小諸城で敵を迎え撃つと言って新府城を出て行った。
3月3日新府城に火が放たれ、勝頼一行約2百余人は城を後にした④。この時、一族・家老衆の中には避難する婦女子に紛れて逃走を図る者もいた。その日の夜大善寺⑤に到着した一行は、翌4日岩殿山城へ向かうため甲州街道笹子峠の麓の駒飼⑥に移って、先に城へ戻った信茂の迎えを待った。ところが9日になって信茂織田方へ寝返った上、勝頼を捕縛するため兵を出したと分かった。10日勝頼一行は、天目山⑦から大菩薩峠を越え武蔵国を目指そうと考えた。
この3日前の7日すでに信忠府中一条信竜の屋敷⑧に本陣を置き、武田の残党狩り⑨を始めていた。
11日勝頼一行は、天目山を目指したものの、小山田隊が先回り⑩していたため、田野⑪へ引き返していた。進退極まった勝頼は己の最期を悟った。
勝頼
の所在は滝川一益の知るところとなり、織田・徳川・小山田の部隊は田野に殺到した。これを迎え撃つ勝頼に最後まで付従った家臣たちは、必死に戦った⑫。特に嫡男武田信勝側近土屋惣蔵昌恒の獅子奮迅の働き⑬は、後世に残るものだった。彼らの奮闘のおかげて、勝頼北条夫人、それに仕える子女・側近たちは、敵兵の手にかかることなく自決する⑭ことができた。ここに名門甲斐武田氏は400年の歴史を閉じた。
武田家滅亡を受け戦勝祝いや本領安堵の礼に多くの人々が訪れる中、信忠信長を迎えるため躑躅ヶ崎館の改修に取り掛かった。府中での用事が一段落した28日信忠諏訪信長を訪問している。
武田掃討戦編 下伊那の戦い―高遠城の戦い―鳥居峠の戦い
信長東国視察編 長野県―山梨県―静岡県
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO