信長東国視察
―山梨県編―
経過
天正10年(1582)4月2日雨が降る中織田信長@台が原へ向かいそこで滞在。3日台が原からA花水坂へ寄り、焼け落ちた新府城を横目に見つつ躑躅ヶ崎館へ向かった。この日躑躅ヶ崎館に陣取っていた織田信忠六角義治を匿ったB恵林寺に放火、快川和尚らの高僧を焼き殺した。10日まで甲府で滞在した信長は駿河へ向かった。臨時の橋をかけたC笛吹川を渡った信長一行は徳川家康の用意したD左右口の陣所で一泊、翌早朝左右口を出発、E女坂を越えF本栖で泊った。ここでも家康は贅を尽くして信長を接待した。12日未明本栖を出た信長一行は駿河へ入った。
武田家滅亡編 下伊那の戦い―高遠城の戦い―天目山の戦い
信長東国視察編 
長野県―静岡県
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO