畿内平定戦<京都府編> 
経過
永禄11年(1568)9月13日織田信長足利義昭の上洛を六角氏が阻止するのは不可能と見た三好政康@木津城に入った。
16日三好政康西京に移動している。この頃には六角氏が逃亡したとの情報が入っていたのではないだろうか。上洛軍の先陣が山科付近に陣を張った23日三好方A寺本城が自焼で焼け落ちた。三好方の狼狽ぶりをうかがわせる出来事である。一方上洛軍は三井寺を後にして26日ついに入京を果たし、義昭B清水寺信長C東寺に陣を張った。先陣は更に三好勢を追って西に向かい久我で合戦があり双方とも多くの死傷者を出している。
29日D勝竜寺城は降伏して討ち取られた首がE東福寺信長によって首実験された。この後信長義昭も西に向かいF寂照院からG山崎へ向かった。
大阪府へ行く 岐阜県へ行く 滋賀県へ行く
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO