神流川の戦い

-滝川一益の残照-
群馬県
山梨県
長野県
富山県
石川県
福井県
静岡県
岐阜県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
奈良県
大阪府
和歌山県
兵庫県
岡山県
鳥取県
下天夢紀行TOP
経過
1582(天正10)年3月武田家滅亡後、武田領のうち上野信濃二郡を織田信長より与えられ関八州の統治、東北の大名への備えを任された滝川一益4月①箕輪城へ入り関東管領を称した。ほとんどの東国の国人達は人質を差し出し織田家に従った。また伊達輝宗をはじめとした東北の大名も信長に誼を通じてきた。5月居城を②厩橋城へ移し、本格的に上野統治に乗り出そうとした矢先の6月7日(9日とも)一益のもとへ「去る6月2日、京都本能寺で信長が明智光秀の謀反に遭い自刃した」との知らせが届いたこの知らせに人目も憚らず一益は号泣したという。
一益
は一旦は信長の弔い合戦ヘ向かう決断をしたが、自分が上洛するまでには自分より京都に近い羽柴秀吉丹羽長秀柴田勝家織田信雄織田信孝らのいずれかが光秀を討っているであろうから、信長の死を知った北条方がこちらの混乱に付け込んで上野へ攻め込んでくるのを阻止するのが信長関八州警固を仰せつかった自分の役割であると考え直した。
まず一益上野の国人に信長の死を伝え、この機に乗じて北条氏が攻めて来るかもしれない事を告げた。さらに箕輪城に預かっている人質は全て返すので、永年の繋がりから北条家に味方しようと思う者はそうして貰って構わないと話した。この正直で義に篤い一益の言葉に感銘した国人達は一益に従う事を決めた。
案の定信長の死を知った北条氏直上野侵攻を決めた。6月16日武蔵方面の北条方の動きを警戒するため一益③和田城に移り、上野国人衆の到着を待った。同日本隊の氏直が到着する前に④鉢形城北条氏邦が出陣した。氏邦⑤金窪城に入ったのを知ると一益らは金窪城に殺到した。6月18日の事である。氏邦軍3千に対し一益上野国人軍は1万8千で圧倒、氏邦は一旦退却した。19日氏直軍先鋒5千が到着するとこれを迎え撃つため滝川軍が出撃、⑥神流川で激戦となった。はじめ滝川軍が優勢だったが氏直本隊到着、その数が3万を越すとさすがに滝川軍は支えきれず⑦倉賀野城へ退却した。
戦いに勝った北条軍だったが猛暑の戦闘に疲れたため、さすがに追い討ちをかけることは無かった。両軍とも⑧戦死者の霊を弔い、戦場をあとにした。
20日一益軍
の生き残り1千が厩橋城から⑨松井田城へ向かった。松井田城津田小平次稲田九蔵ら1千が合流した。松井田城を出て⑩碓氷峠に差し掛かった時、一益上野衆の人質を解放した。21日小諸に至り4、5日休息を取った。26日小諸を出発、諏訪から木曽路に入り、本国伊勢長島に到着したのは7月1日だった。織田家重臣が集まり今後の方針を話し合った清洲会議から4日後であった。
その後羽柴秀吉との勢力争いに敗れた一益京都妙心寺で僧となり、越前大野⑪五分一之庄1586年9月9日62歳の生涯を終えた。
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO